ぼくは9歳です。動物がだいすきです。


by kyasarin430
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

松葉サイダーを作ろう

この夏息子が某所に、送ったものです。
3年生の夏をそのまま、残しておきたくてこのブログに書き込んでます。

①調べてみたいと思ったわけ
何年か前に、新聞かなんかで松の葉で昔の人はサイダーを作ってたと書いてたから、
本当にできるのかな?松の木が近所にあったし作ってみた。

②予想
夏の暑いときに作るらしい。中の水の温度を上げるから泡が出て、サイダーになると思った。
それやったらペットボトルを黒くして見たろう。そのほうが泡が一杯出ると思った。

③調べ方
用意したもの
500mlのペットボトル2本(母注釈※ ペットボボトルはきれいに洗い電子レンジで消毒し、乾燥させたものを使用)
水400ml×2本分  砂糖80g×2本分
松葉70g×2本分
 
f0012931_8444385.jpg

③-1松葉は若くてきれいなのを選んだ。
③-2砂糖は80グラムにした。これ以上は甘すぎる。
③-3砂糖を溶かした水400グラムが一つ分。
1,2,3とも、陽気の重さは別。正味中身の重さ。

f0012931_8485687.jpg

③-4松葉を入れる、葉がとげとげしていたかった。朝6時につみに行った。
7時までに用意した。

f0012931_13281640.jpg

③-5ベランダのクーラーの室外機の上は、一日中日が当たるから置いといた。
1本はそのまま。1本は黒の折り紙を全体てきにはった。水は両方満たん。あふれるほど入れた。ふたもしっかりしめた。近くに温度計を置いた。
(母の注釈、息子日にちを記入し忘れてます。実験日2006年、8月1日)
④実験開始
7時  ボトルを置く。気温38度しつ度55%
8時30分 気温39度、しつ度45% 葉の先に小さなあわがついてきた、黒いほうは不明。
(写真④-1)
10時気温44度、しつ度50%  黒い方をさわるとぬくい。
11時気温40度、しつ度58% たえず小さなあわが上がって行く。(写真④-2)
12時気温40度。しつ度60%、満たんに水をいれたはずやのに上に空気がたまって来た。
かんかんでりのひる。
f0012931_1345364.jpg

13時気温34度。しつ度67%、14時、気温36度しつ度70%。黒のをさわるとおフロみたいに温かい。もうお湯。とうめいのは、上1センチぐらい空気がたまった。(写真④-3)
f0012931_853856.jpg

15時気温34度しつ度76%、 16時、気温32度、しつ度78%
17時気温32度、湿度70% 、もう何も、変わらない。
18時気温30度しつ度70%、実けん終わり、冷ぞう庫 に、入れてみた。
[PR]
by kyasarin430 | 2006-09-11 08:44 | ボクの実験室